KTS 350, KTS 560, KTS 590

Help Center

第1ステップ

システム要件

システム要件

  • KTS 560 / KTS 590:最新のWindowsアップデート済みのWindows 8、Windows 8.1、Windows 10オペレーティングシステム搭載のコンピュータ

  • KTS 560 / KTS 590: 内蔵Bluetoothハードウェアはどのようにして無効にしますか?

  • 最新の中間アップデート済みのESI[tronic] 2.0バージョン2020/1以降

    ソフトウェア "Diagnostics Download Manager" (DDM) で利用可能なアップデートを定期的にチェックし、インストールすることをお勧めします。

  • ソフトウェア "BEA-PC" を使用している場合:BEA-PC DEバージョン3.0 (ガイドライン5.01) 以降またはCDCバージョン3.3.146.43754以降

  • ソフトウェア "On Board Diagnosis 2.0" を使用している場合:On Board Diagnosis 2.0 バージョン10.1.43以降

---

オペレーティングシステムの構成

オペレーティングシステムの構成

一部のオペレーティングシステムオプションはBluetoothハードウェアの性能と動作に影響します。特にメーカーがインストールしたBluetoothハードウェアは、これらの設定の影響を受けます。

正常なBluetooth接続のために最良の条件を作成するには、次の設定が行われていることを確認してください:

A) 省エネ設定

  1. " スタート >> 設定 >> システム >> 電源操作と省エネ >> 追加のエネルギー設定 " を選択します。

  2. 省エネプラン最大出力を選択します。

---

B) 電源操作のスリープモード

  1. " スタート >> 設定 >> システム >> 電源操作と省エネ " を選択します。

  2. 電源操作で "PCはその後省エネモードに切り替わります" の下のオプション "" を選択します。

---

C) 省エネ詳細設定

  1. " スタート >> 設定 >> システム >> 電源操作と省エネ " を選択します。

  2. "省エネプラン設定の変更" を選択します。

  3. "エネルギー詳細オプションの変更" を選択します。

  4. ドロップダウンメニューで変更を適用する省エネプランを選択します。

    省エネプラン "最大出力" で設定を行い、それをコンピュータでの作業に使用することをお勧めします。

  5. 表示されるオプションのリストで次の設定を行います:

    "ワイヤレスアダプターの設定 >> 省エネモード >> 電源操作" でオプション"最大出力" を選択します。

    "Sleep >> ハイブリッドスリープを許可 >> 電源操作" でオプション "オフ" を選択します。

    "Sleep >> スリープモード >> 電源操作 (分)" でオプション "" を選択します。

    "USB設定 >> 選択的省エネ >> 電源操作" オプション "無効" を選択します。

  6. <適用>で設定を保存します。

  7. コンピューターを再起動します。

---

初回始動

初回始動

ESI[tronic] 2.0のインストール

  1. ESI[tronic] 2.0をインストールします。

  2. ESI[tronic] 2.0のライセンスを取得します。

    ファイルまたはオンラインでESI[tronic] 2.0のライセンスを取得します。詳細はオンラインヘルプ "ESI[tronic] 2.0"を参照。

---

ファームウェア更新の実行とKTS 560 / KTS 590のアクティブ化

ソフトウェア "MC – Module Configuration" (モジュール構成) は、KTS 525、KTS 530、KTS 540、KTS 560、KTS 570およびKTS 590の最初の構成に使用されます。
ソフトウェア"DMC – Diagnostic Module Configuration"(診断デバイス構成)は、KTS 5xxの点検や構成変更に使用します。

ファームウェアの更新中は、KTS 560 / KTS 590への電源供給およびコンピュータとKTS 560 / KTS 590間のUSB接続を中断しないでください。

  1. KTS 560 / KTS 590は電源ユニットまたはOBD接続ケーブルで電圧を供給します。

  2. ESI[tronic] 2.0を開始します ("スタート >> すべてのプログラム >> Bosch ESI[tronic] 2.0 >> ESI[tronic] 2.0")。

  3. "mainmenue.png (メインメニュー) >> ハードウェア設定 >> KTS 5xx" を選択します。

  4. <設定の起動>を選択します。

    Module Configurationが起動します。

  5. 画面に表示される指示に従ってください。

    ファームウェアの更新が実行されます。

    USB、Bluetoothおよび診断のLEDが交互に点滅します。

    KTS 560 / KTS 590では、ファームウェアアップデート後に短いビープ音が鳴ります。

    接続の種類が設定されます。

  6. <終了する>でModule Configurationを閉じます。

    KTS 560 / KTS 590はアクティブ化され準備完了です。

---

FAQ (よくある質問)

Bluetooth USBアダプターを使用する場合、何に注意する必要がありますか?

Bluetooth USBアダプターを使用する場合、何に注意する必要がありますか?

  • キャリッジのBEA 850 / BEA 950、FSA 740またはFSA 760にWindows 7またはWindows 10オペレーティングシステムが装備されているBosch PCの場合:Bluetooth USBアダプター1 687 023 777をUSB 3.0ポートに差し込みます (各取扱説明書のUSB接続を参照)。

  • コンピュータに内蔵されているか差し込まれた他のBluetoothハードウエアを同時に操作することはできません。差し込まれているBluetoothハードウェアをコンピュータから取り外します。 内蔵Bluetoothハードウェアはどのようにして無効にしますか?

  • Bluetooth USBアダプター 1 687 023 777を使用する場合: Bluetooth USBアダプターのパワー マネージメントはどのようにして無効にしますか?

  • Bluetooth USBアダプター1 687 023 449がコンピュータですでに使用されている場合は、このBluetooth USBアダプターをBluetooth USBアダプター 1 687 023 777に交換する必要はありません。

  • Bluetooth USBアダプター 1 687 023 777はマイクロソフトのBluetoothドライバーでのみ動作します。

---

どのBluetooth USBアダプターとBluetoothドライバーを使用する必要がありますか?

どのBluetooth USBアダプターとBluetoothドライバーを使用する必要がありますか?

マイクロソフトのBluetoothドライバー搭載Bluetooth USBアダプター 1 687 023 777

bt_adapter1687023663.png

---

内蔵Bluetoothハードウェアはどのようにして無効にしますか?

内蔵Bluetoothハードウェアはどのようにして無効にしますか?

Bluetooth USBアダプターを使用する場合は、コンピュータ内蔵のBluetoothハードウェアを無効にする必要があります。

  • コンピュータの管理者権限を有効にする必要があります。

  1. "Windows エクスプローラー"を起動します。

  2. マウスの右ボタンでフォルダ "This PC" (このコンピュータ) をクリックします。

  3. マウスの左ボタンで "Properties" (プロパティ) をクリックします。

    コントロールパネルが開きます。

  4. マウスの左ボタンで "Device Manager" (デバイスマネージャー) をクリックします。

    ダイアログウィンドウ "Device Manager" (デバイスマネージャー) が開きます。

  5. メニュー項目 "Bluetooth" または "Bluetooth Radios" を展開します。

  6. コンピュータ内蔵Bluetoothハードウェアを右クリックします。

  7. マウスの左ボタンで "Disable Device" (デバイスを無効にする) をクリックします。

  8. <はい> (Yes) でBluetoothハードウェアを無効にします。

    内蔵Bluetoothハードウェアは無効です。

---

Bluetooth USBアダプターのパワー マネージメントはどのようにして無効にしますか?

Bluetooth USBアダプターのパワー マネージメントはどのようにして無効にしますか?

Bluetooth USBアダプター 1 687 023 777を使用する場合は、Bluetooth USBアダプターのパワー マネージメントを無効にする必要があります。

  • コンピュータの管理者権限を有効にする必要があります。

  1. Bluetooth USBアダプター 1 687 023 777をUSBポートに差し込みます。

    Windowsは、Bluetooth USBアダプターのドライバーを自動的に検知し、インストールします。

    次のメッセージがタスクバーに表示されると、Bluetoothドライバーのインストールが完了し、Bluetooth USBアダプターが動作可能になります:このデバイスを使用することができます。Windowsアクティビティに応じて、Bluetoothドライバーのインストールには数分かかります。

  2. "Windows エクスプローラー"を起動します。

  3. マウスの右ボタンでフォルダ "This PC" (このコンピュータ) をクリックします。

  4. マウスの左ボタンで "Properties" (プロパティ) をクリックします。

    コントロールパネルが開きます。

  5. マウスの左ボタンで "Device Manager" (デバイスマネージャー) をクリックします。

    ダイアログウィンドウ "Device Manager" (デバイスマネージャー) が開きます。

  6. メニュー項目 "Bluetooth" または "Bluetooth Radios" を展開します。

    bt_deactivatepowersettings1.png

  7. マウスの右ボタンで "Generic Bluetooth Radio" をクリックします。

  8. マウスの左ボタンで "Properties" (プロパティ) をクリックします。

    ダイアログウィンドウ "Generic Bluetooth Radio Properties" (Generic Bluetooth Radioのプロパティ) が開きます。

  9. タブ Power Management (パワー マネージメント) を選択します。

  10. オプション Allow the computer to turn off this device to save power (電力を節約するために、コンピュータはこのデバイスをオフにします) を選択します。

    bt_deactivatepowersettings2.png

  11. すべてのウィンドウを再び閉じます。

  12. コンピューターを再起動します。

    Bluetooth USBアダプターのパワー マネージメントは無効です。

---

タスクバーにあるBluetoothアイコンはなんですか?

タスクバーにあるBluetoothアイコンはなんですか?

  • マイクロソフトのBluetoothドライバーを有効化した場合、BluetoothマネージャーアイコンPictogramがタスクバーに表示されます。

  • コンピュータと無線システム間のBluetoothワイヤレス接続が有効な場合、BluetoothデバイスアイコンPictogramはタスクバーにも表示されます。

    有効な無線システムの数に応じてBluetoothデバイスアイコンの複数表示が可能です。KTS 560 / KTS 590を使用すると、Bluetoothデバイスアイコンは通常表示されません。

---

BluetoothマネージャーアイコンPictogram (タスクバー内)

  • 緑 = Bluetooth USBアダプターはアクティブでBluetooth通信モジュールと通信しています。

  • 白 = Bluetooth USBアダプターはコンピュータに差し込まれています。Bluetooth接続は非アクティブです。

  • 白/緑 (7秒サイクル) = Bluetooth USBアダプターは、通信モジュールへの無線接続を確立しようとします。

  • 赤 = Bluetooth USBアダプターがコンピュータに差し込まれていません。

---

KTS 560 / KTS 590のLEDは何を意味してますか?

KTS 560 / KTS 590のLEDは何を意味してますか?

KTS560_590_front.png

(1) LED オン/オフ

(2) LED 障害

(3) LED USB

(4) LED BLUETOOTH

(5) LED 診断

(6) ボタン "Recovery Mode"

LED オン/オフ

  • 緑色点灯 = KTSは作動準備完了です。

  • 緑色点滅 = KTSは作動準備完了していません。例:KTSはUSB接続ケーブルのみを介して接続されています (電源ユニットまたはOBD接続ケーブルを介した電源の欠如)。

  • オフ = 電圧が供給されていません。

---

LED 障害

  • オフ = 障害なし。

  • 赤く点灯
    ハードウェア/ファームウェアの障害:USB接続ケーブルと電源を引き抜き、差し込み直します。ファームウェアの更新を実行します。
    電圧供給 > 35ボルト:車両の電圧を確認します。
    Recovery Modeがアクティブ:リカバリーを実行します。

---

LED USB

  • オフ = USBを介したデータ通信がありません。

  • 緑色点滅 = データ通信はUSBを介しています。

---

LED BLUETOOTH

  • オフ = Bluetoothを介したデータ通信がありません。

  • 緑色点滅 = データ通信はBluetoothを介しています。

---

LED 診断

  • オフ = コントロール ユニットとのデータ通信がありません。

  • 緑色点灯 = コントロール ユニットとのデータ通信があります。

---

Bluetooth USBアダプターのLEDは何を意味してますか?

Bluetooth USBアダプターのLEDは何を意味してますか?

  • LED オフ = Bluetooth USBアダプターが認識されません。スタンバイまたは故障。

  • LED オン = 通信が可能です。

---

故障

Bluetooth USBアダプターが認識されない

Bluetooth USBアダプターが認識されない

Bluetooth USBアダプターがない

  • Bluetooth USBアダプターを差し込みます。

---

内蔵Bluetoothハードウェアが無効でない

  1. コンピュータ内蔵Bluetoothハードウェアを無効にします。

  2. コンピューターを再起動します。

---

USBポートに欠陥またはBluetooth USBアダプターがWindowsに認識されない

  1. Bluetooth USBアダプターを取り外し、別のUSBポートに差し込みます。

  2. コンピューターを再起動します。

---

通信なしまたはBluetooth接続が途切れる

通信なしまたはBluetooth接続が途切れる

無線システムの供給電圧が不足している

  • 電圧供給を点検してください。

無線システム (BEA 030、BEA 060、BEA 070等) が有効でない、または正しく設定されていない

  1. CDCを起動します:"スタート >> すべてのプログラム >> Bosch >> 診断 >> Central Device Communication" または左マウスボタンをタスクバーの "Pictogram" をクリックします。

  2. CDCの接続タイプを確認します:"設定 >> デバイスインターフェース"、接続の確認:USB/BTB (Bluetooth)。

KTS 560 / KTS 590がアクティブでないまたは構成が誤っている

  1. DDCまたはDMCを起動します ("ESI[tronic] 2.0 >> メインメニュー >> ハードウェア設定 >> 構成の変更")。

  2. KTS 560 / KTS 590が正しく構成されており、アクティブであるかどうかDDCまたはDMCを点検します。

  3. <テスト> で接続テストを実行します。

  4. 接続テストが失敗した場合、またはそれでもKTS 560 / KTS 590への接続を確立できない場合は、DDCまたはDMCからKTS 560 / KTS 590を削除して再構成します。

Bluetooth USBアダプター1 687 023 777の省電力モードがアクティブ

Bluetoothワイヤレス接続なし (コンピュータのスタンバイモード後など)

  • Bluetooth USBアダプターとBosch製品間の距離を短縮します。

  • コンピュータにBluetooth USBアダプターをセットする際、スチール製ドアやコンクリート壁などの障害物にBosch製品から送受信される無線信号が干渉されることのないようにしてください。

  • Bluetooth USBアダプターを引き抜いた後に再度挿入するか、コンピュータを再起動します。

Bluetooth設定が正しく構成されていない

Windowsアップデートにより、BluetoothドライバーとBluetooth設定が変更される場合があります。

  1. タスクバーのBluetoothシンボルを右クリックします。

  2. "設定を開く" を選択します。

    インストールされているWindowsのバージョンによっては、メニュー項目の "その他のBluetoothオプション" も選択する必要があります。

  3. オプション "BluetoothデバイスがこのPCを検出できる" を選択します。

Bluetoothドライバーの最新バージョンがない

  • コンピュータの管理者権限を有効にする必要があります。

  1. "Windows エクスプローラー"を起動します。

  2. マウスの右ボタンでフォルダ "This PC" (このコンピュータ) をクリックします。

  3. マウスの左ボタンで "Properties" (プロパティ) をクリックします。

    コントロールパネルが開きます。

  4. マウスの左ボタンで "Device Manager" (デバイスマネージャー) をクリックします。

    ダイアログウィンドウ "Device Manager" (デバイスマネージャー) が開きます。

  5. メニュー項目 "Bluetooth" または "Bluetooth Radios" を展開します。

  6. KTSを選択します。

  7. KTSエントリーを右クリックします。

  8. "ドライバーソフトウェアのアンインストール" を選択します。

  9. KTS 560 / KTS 590をコンピュータから切断し、再接続します。

  10. デバイスマネージャーのエントリーを右クリックして、"変更されたハードウェアの検索" を選択します。

  11. KTSエントリーを右クリックします。

  12. "ドライバーソフトウェアの更新" を選択します。

  13. "最新ドライバーソフトウェアを自動検索" を選択します。

  14. 画面に表示される指示に従ってください。

KTS 350の回路基板がUSB経由で認識されない (赤いUSBシンボル)

KTS 350の回路基板がUSB経由で認識されない (赤いUSBシンボル)

2017年3月製造以前のコンポーネントに不具合があり、KTS 350を起動するとUSB経由の電源供給が一時的に途切れる可能性があります。短時間の電圧降下のため、KTSモジュール (SD回路基板) は適切に起動せず、アドレス指定できません。場合に応じて、KTS回路基板を交換する必要があります。

  1. オン/オフボタンでKTS 350をオフにし、再びオンにしてからセットアップを再度実行します。

  2. エラーが解決しない場合は、Windowsで "スタート >> 再起動" を選択します。

    Windows 10では、再起動するだけでアクティブなWindows環境が完全に無効になります。シャットダウンするとアクティブなWindows環境の一部が常にアクティブになり、起動プロセスが高速化されます。

  3. Windowsを再起動した後、セットアップを再度実行します。

  4. エラーが続く場合はカスタマーサービスに連絡してください。

---

DCU 220のBluetooth接続はスリープ状態後に切断され、復元できません

DCU 220のBluetooth接続はスリープ状態後に切断され、復元できません

Bluetoothインターフェースは、スリープモードでの省エネ設定により一時的にオフになります。スリープモードを終了するとBluetoothインターフェースは再びアクティブになりますが、接続を確立できません。

  1. DCU 220を再起動します。

  2. DDMのESI[tronic] 2.0の更新を検索します。

  3. 新しいソフトウェアをインストールします。

  4. ファームウェアの更新を実行します (BEAのCDC、ESI[tronic] 2.0のDMC)。

---

ソフトウェア "BEA-PC" でKTS 560 / KTS 590へのBluetooth接続なし(ドイツ以外)

ソフトウェア "BEA-PC" でKTS 560 / KTS 590へのBluetooth接続なし(ドイツ以外)

古いCDCバージョンのため、BEA-PCの国別バージョンには追加の要件が適用されます。

エラー:KTS 560 / KTS 590へのBluetooth接続はできません。

一台のコンピュータでソフトウェアBEA-PCとESI[tronic] 2.0の両方を使用する場合、インストール手順1. BEA-PC >> 2. ESI[tronic] 2.0に従う必要があります。

---

KTS 560 / KTS 590がオンボード診断で認識されないか、オンボード診断を実行できません

KTS 560 / KTS 590がオンボード診断で認識されないか、オンボード診断を実行できません

オンボード診断バージョン1.2以前は、KTS 560またはKTS 590での使用には適していません。

  • "On Board Diagnosis 2.0" の最新バージョンをインストールします。

---

KTS 560 / KTS 590の構成

KTS 560 / KTS 590の構成

すべてのシステム要件が満たされている場合、KTS 560およびKTS 590をそのコンピュータで再構成する必要があります:

  1. "スタート >> >> 再起動" でコンピュータを再起動します。

    コンピュータを一時的に完全にオフにするには、"再起動" でコンピュータを再起動し、"シャットダウン" を選択しないことが重要です。

  2. KTS 560 / KTS 590は電源ユニットを経由して電圧を供給します (Power-LEDが連続的に点灯)。

  3. KTS 560 / KTS 590をUSB接続ケーブルを介してコンピュータと接続します。

  4. KTS 560 / KTS 590の<リカバリーモード>ボタンを3秒間押します。

    LEDが赤く点灯します。KTS 560 / KTS 590はリカバリーモードです。

    ファームウェアの更新中に、ウイルススキャナがプロセスをブロックしないようにしてください。ファームウェアの更新が3%で止まった場合、ウイルススキャナを一時的に無効にすることができます。

  5. ファームウェアの更新を実行します。

  6. "Module Configuration" でESI[tronic] 2.0でKTS 560 / KTS 590を再構成します。

---

WLANとBluetoothに関する注記の遵守

WLANとBluetoothに関する注記の遵守

  • BluetoothデバイスとWLANデバイスのアンテナは少なくとも8 cm離して置いてください。

  • Bluetooth USBアダプターとWLAN USBアダプターはPCの並んだUSBポートには差し込まないでください。

  • Bluetooth USBアダプターをWLAN USBアダプターから空間的に分離するためには、USB延長コード(オプション)をご使用ください。

接続問題での選択肢:

  • Bluetooth接続の代わりにUSB接続を有効化して使用することができます。

  • WLAN接続の代わりにLAN接続を有効化して使用することができます(使用している場合)。

---セパレータ---

ワイヤレス接続の干渉源(WLANとBluetoothを含む)

ワイヤレス接続の干渉源(WLANとBluetoothを含む)

以下の干渉源は、一般的なワイヤレス接続、並びにWLAN接続やBluetooth接続にも影響します。

---Separator---

その他の無線機

2.4 GHzの周波数範囲は政府の規制対象ではなく、ほとんどの国でライセンスなしで使用することができます。つまり、多くのアプリケーションおよびデバイスがこの周波数帯で送信していることになります。そのため、周波数帯が重複したり、誤動作する場合があります。

周囲の状況によっては、次のような無線機が原因で、ワイヤレス接続の障害が発生することがあります:

  • 携帯電話

  • モーション検出器

  • 電子レンジ

  • ガレージドアオープナー

  • 照明リモコンスイッチ

  • ワイヤレス警報システム

---Separator---

距離

無線信号は常に直接経路を探します。トランスミッターとレシーバーを設定する際は、次の点に注意してください:

  • トランスミッターとレシーバーをできるだけ近くに設置してください。

  • トランスミッターとレシーバーは、障害物(スチールドア、コンクリート壁等)に無線信号が乱されないように設置してください。

---Separator---

建物や他の大きな物体

建物内の無線信号範囲はその建物構造に大きく依存しています。建物内のどこで無線システムが機能し、どこに無線技術的な制限あるかを確認するために、使用開始時に使用場所を正確に検査することをお勧めします。

以下の建築構造は無線信号にわずかな影響を与えます:

  • 従来の石材

  • 木製の壁

  • 乾式壁

次の建築構造や大きな物体は、無線信号に非常に強く影響を与えるか、または完全に遮断します:

  • 薄いしっくいの壁(湿度の蓄積は、無線信号を吸収します)

  • 金属壁

  • コンクリート

  • 鉄筋コンクリート

  • 多くの金属(パイプ、ケーブル等)を含んだ壁

  • 地下室の天井

  • 大きな金属体(ラジエーター、窓枠等)

---Separator---

その他の干渉源

  • 車両内での無線システムの使用(ファラデーケージ)

  • 無線信号に影響する気象条件

---Separator---

詳細情報

Boschワークショップ ワールド

Boschワークショップ ワールド

Boschワークショップ機器の製品およびサービスに関する情報のためのBosch Automotive Service Solutionsのウェブサイト: www.boschaftermarket.com

---Separator---

Bosch Media Library

Bosch Media Library

Boschワークショップ機器に関する技術的記録文書とソフトウェアのダウンロードのためのBosch Automotive Service Solutionsのウェブサイト: www.downloads.bosch-auomotive.com .

---Separator---

サイト管理者

法的通知

個人情報保護方針

アイコンの説明

11.08.2020

2020 Robert Bosch GmbH